Total Today Yesterday
お・も・て・な・し 京都編 高台寺 和久傳



静かな落ち着いたお店で、お昼をいただきました。






器がいいですね。

2階の座敷なのに、掘りごたつで掛布団まで準備してあって

さすが寒い京都のおもてなしですね。






シソと梅の香りがいいですね。





おしぼりの香りもいいですね。









大根ではさんだ生ハムが、現代的ですね。








オリジナルの冷酒が美味しくて、水のように飲めてしまうのはなぜ?

竹に香りがあまりしませんが、本物ですよ。






この段階で、いきなりスッポン雑炊ですよ。

こたつでの中で、体がかなり温まってきましたね。






料理の前半に、精がついてますますお酒が進みますね。









白身のお造りには、シャンパンでしょうね。


この魚は、クレでしょうか?忘れました。


どう考えても、既にいい感じに酔っていますね。









ここで焼餅とは驚きました。


この日は、表は寒かったのですが部屋の中は気持ちの良くなるぐらい


ポカポカして、最高に気分が良くなってきましたね。







海老芋が、最高の調理法ででてきました。






すいませんが、芋がこんなに美味しいとは思いませんでした。

京の料理と京の野菜は素晴らしいですね。





鱧で巻いた丹波の松茸を、囲炉裏で焼くなんて贅沢を

誰が考えたのでしょうか。





もう少しで、失神するかもしれませんね。

外はフワフワ、中はサクサクで香りがいいですね。












なんとお肉に見えて、イチジクです。

素晴らしい味で、驚きました。これなら毎日食べられる。

大根の優しい味と、あいまってお腹に優しいですね。


これだけの量の料理を食べても、まだまだいけそうな気がするのは


和食のマジックですね。








そして,香のものからごはんとお吸い物ですね。





釜戸で炊いたご飯を頂きました。

今年の和食ナンバー1でしょうね。





このへんまでくると、日本人でいることを誇らしく思いますね。


完璧ですね。





なんとお釜で炊いたご飯の残りを、お茶漬けや親子丼にしてくれます。

お腹が一杯なのに、親子丼を選択するのはどうして?


素晴らしいおもてなしですね。






普段は、柿なんて食べないのですが・・・・・

別に柿が嫌いではないのですが、子供のころは家になっていたので

ありがたみがありませんね。






驚きました。

どうするとこんな柿ができるんでしょうか。

熟していて、ゼリー状になっていて自然に造ったようには思えません。


普通の柿が、こうなるなら作り方を是非知りたいですね。


つるっと食べられる感じで、季節を感じますね。







全てにおいて、完璧に近いですね。

蕨餅にも感動してしまいました。





自家製ですか?

どこで売っているか、教えてください。






会計も脅威でしたが、おもてなしの素晴らしさに

脱帽ですね。

記念日に来たいお店ですね。


ポカポカで、ふらふらです。








 
Comment:
Add a comment:









Trackback:
トラックバック機能は終了しました。
CALENDAR
SMTWTFS
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>
PROFILE
ENTRY(latest 5)
ARCHIVES
CATEGORY
COMMENT
TRACKBACK
LINK
東邦建物株式会社
コンタクト買うなら
海外セレブ愛用ブランド通販
モテる男のシャンプー
特選松阪牛専門店やまと
MOBILE
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM

(C) 2020 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.