Total Today Yesterday
着物が仕上がりました。



先日、京都に行って造った着物が仕上がりました。


いい感じですが、既に季節的に難しいので次のシーズンに着たいと思います。






羽織の裏地をアイボリーのぼかしにして柄を左右逆にしてみました。


着物は全体的に地味に仕上がるので、帯や小物でアクセントをつけたいですね。











この長着の柄が気に入ってわざわざ京都まで行きました。





スーツ感覚で楽しめるような感じですね。





多分、関東で着物を造るよりは価格的にもかなり安くて、

いろいろなバリエーションが揃っていますね。

需要と供給のバランスですね。


とりあえず着物は京都でしょ!!!






デニムの着物にも、羽織を造りました。




普段着で近所などには、いいかもしれませんンね。









いい感じの和風のストールを、今どきのお店で見つけました。

チジミでできていて、いい感じですね。





 
京都に行く




どうしても京都にある男の着物のお店に行きたくて、来てしまいました。

さすがに初めてのお店で、着物をネットで見て、注文はできませんね。

朝ゆっくり出て、お昼過ぎには京都に着きました。

余りゆっくりできませんが、夕飯には帰れそうですね。








着物やさんの隣の喫茶店がすごいですね。






ビル群の中に、妙に近代的な和風の外装がマッチしてますね。






土壁もいい感じですね。


今度、どこかの店舗に使ってみたいですね。









目的の着物やさんは、銀座や浅草の着物やさんとは違い優しい感じがしました。


言葉のせいでしょうか?









いろいろ注文しましたが、仕上がりが楽しみです。


値段も関東より安くて、納期も短そうですね。


さすが本場の京都だけのことはありますね。


やはり自分の目で確かめることは、大事ですね。


交通費は高いけど、元は取れましたね。




男の着物 落語





越谷ロータリークラブの新春恒例の初笑いは二つ目 立川吉幸さんでした。


新春にふさわしく、大酒のみの話で大変盛り上がりましたね。



やはり着物は着慣れていますね。


羽織の紐のほどきかたも素晴らしいですね。


落語家の方の着物は、独特の世界観がありますが衿元が最後まで

きちっとしていて、観ていて気持ちがいいですね。


上野鈴本にでも、着物を着て落語を聞きに行きたいですね。








男の着物 革の帯



デニムの着物にあう帯を探していましたが、ついに京都で発見しました。

ハンドメイドの一点ものなので、探すのが大変でした。



いい感じの黒の革なので、デニムに合いますね。









但し、まだまだデニムの感じがいまいちですね。


毎日何度も洗濯しています。


縞の感じが自然に出ればかなりいいですね。


以前、ジージャンを洗濯していて洗濯機が壊れたことがありました。


気をつけます。







デニムの着物には足袋は派手めの、金がいい感じですね。





害虫ばかりですね。

何故なんでしょうか?








この七分袖のTシャツは、ボタンで半衿が交換できる優れものですね。

非常に肌触りが良くて、淡い紫色もいい感じですね。










 
男の着物 作務衣





着物は普段から着慣れることが非常に大事ですね。

習うより慣れろ。


着物を着る文化を理解し、所作を身に着けていくことが本当に大事なことですね。


池波正太郎の鬼平犯科帳を読んでいるうちに、どうしてくなるのか?


非常に不思議ですね。










普段着として藍染の作務衣を準備しました。


洗濯したりすると、藍色が自然に落ちてきてかなりいい感じになっていきますね。


これなら普段にもザックリ着れて、着物の雰囲気が味わえる便利なスタイルですね。













少し寒いときは、半袖の羽織があるので便利ですね。


お寺で朝から、枯葉を竹ぼうきで掃除している感じですね。


ちょうど柔道着のような感じですね。


我が家のゲストルームの収納で撮影しましたが、なんと壁紙がピンクですね。










これで近所を歩くと、ご隠居さんになってしまいますね。


和装というのは、非常に奥が深いのですがいままで知りませんでした。


自然素材をうまく使って、風合や着心地を大事にしながら非常に自由な感覚ですね。


日本人としては、和装が廃れていくのは残念ですね。


かなり大袈裟な話になっていますね。




男の着物 長着 羽織





ここ二年ぐらいで何枚かの着物を購入しました。

既成のものもありますが、去年初めて仕立ててみました。


着物には、普段着からお洒落着そして礼装と、TPOによっていろいろと


区別必要がありますが、近所に食事や初詣・新年会などの少しきちっと


した感じに対応できる紬に挑戦してみました。








羽織は茶系で、裏が隈取にしました。






長着はグレー系で、秋冬用に少し厚手ですね。






裏はライトグレーでいい感じですね。





合わせるとこんな感じですね。







羽織紐もグレー系で合わせてみました。







帯は遊び心いっぱいですね。


着物の写真を撮るのは、非常に難しいですね。


考えてみます。









シルバーのアンサンブルの着物ですが、着るとかなりの迫力で

非常に非合法な団体の方に見えてしまうのは

気のせいでしょうか。






生地が、光っていますね。


紅白のサブちゃん的な光り方ですね。


かなり着るのに度胸がいりますね。






 
男の着物 帯






僕の性格の長所と短所は、のぼせやすくて冷めやすいですね。

今頭の中の半分以上は「着物を粋に着こなす。」ですね。

近日中に京都にも買い物に行ってこようと思います。


凝り性なのはいいのか悪いのか・・・・・

帯を集めるのも楽しいですね。

日本の伝統技術なので、あまり流行り廃れはなさそうですね。








着物は、羽織を含めてあまり派手な印象はなくて

どうしても小物で遊ぶ感覚ですね。








なんで着物がいいのかわかりませんが、自分がレベルアップするための

一つの方法かもしれませんね。

新しいものを研究しているときは、時間を忘れて楽しいですね。


独学なのが、我ながら立派・・・・・好奇心のかたまり・・・・・








仕事をリタイヤして、毎日着物を着て歌舞伎や芝居を観に行ったり

美味しいものを食べたり旅行したり・・・・・・



全くそんな気はありませんが、いつまでも稼げる遊び人になりたいですね。



帯の話ですが、あまり僕には説明できませんがイメージで選んでますね。


いつも吉原遊郭に通う馬鹿な若旦那みたいな感じがいいかな。






 
CALENDAR
SMTWTFS
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>
PROFILE
ENTRY(latest 5)
ARCHIVES
CATEGORY
COMMENT
TRACKBACK
LINK
東邦建物株式会社
コンタクト買うなら
海外セレブ愛用ブランド通販
モテる男のシャンプー
特選松阪牛専門店やまと
MOBILE
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM

(C) 2020 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.