Total Today Yesterday
佐平寿司の出前





さすがに、暑い日が続くと、家にいて出前がいいですね。


まずはトロタクですね。


最近は、息子も一人前のお寿司以外に

トロタクを注文しますね。







トロとタクワンのパリパリが、何故か


合うんですね。





 





この時期の穴子も美味しいですよね。


こんなに注文して、誰が食べるんですか?


我家は四人家族ですよ。

桶が6個もあると、かなりの迫力ですね。













これが一人前のお寿司ですが、少し物足りないように

見えますが、食べると意外とお腹一杯に


なりますね。









家にいて、美味しいものを食べられるなんて

本当に幸せな時間ですね。




お寿司の出前

 




家にいて、美味しい料理が食べられる


出前というシステムは、本当に嬉しいですね。


いろいろと出前ができる時代なので、たまには


我がままも、いいですね。


なんと樽酒を出前してみました。



いつもの佐平寿司で、飲んだ樽酒が美味しかったので・・・・・











ちなみに、樽酒を注文したのは僕ではありません。


近所の酒屋に、行けばいいじゃないの・・・・・



酢だこの頭は美味しいですね。


白ゴマがいいですね。



なんと綺麗な巻物ですね。


いつものトロタクですが、どうしても食べるものが


決まってくるのは、考え物ですね。










でも美味しいので、満足ですね。


トロの脂身に、サッパリした沢庵がよくあって


食感もいいですね。









穴子とキュウリは巻いてもよくあいますね。



甘いタレが、ちょうど良くて食欲を誘いますね。












そして〆は、上寿司一人前ですね。


特上でなくても、息子は赤身が好きなので


十分満足できますね。


桶に入ったお寿司を、一人前食べられるのは


小さな幸せを感じますね。



どうせなら自宅で、お寿司を握ってもらいますか・・・





息子とお寿司 いつもの佐平寿司






我家では、僕はほとんど家で


食事をしません。


なので、家族が三人以上集まると、ほとんど外食です。


ちなみに、息子は白身の魚を、塩で食べるのが好きで



サザエの壷焼きや白子や暗記物はだめでも

アンキモは大丈夫です。











蒸し海老と大トロで金しゃちほこを


造ってみました。


たまたまですよ・・・・・










真ん中に馬糞雲丹をのせたら、写真がぼけてしまいました。




 



トロタクは誰が発明したのですか?


本当に素晴らしい食べものですね。



これなら、毎日食べてもいいですね。


トロなのにシャキシャキして、海苔巻きである。


いいとこどりですね。












中間に焼き魚を注文しました。


カマスは脂が乗って美味しかったですね。



たっぷりの大根おろしがいいですね。


家だと、こうはいかないですよ。











ホヤの塩辛は、新鮮なので


臭みがなくて、冷酒にあいますね。









やはり、最後は何時飲んでも美味しい、お寿司屋さんの


お椀ですね。


体にスーと入ってきて、ホッとしますね。



なめこと油揚げはベストなチョイスです。



毎日、忘年会なので体のために


ニンニク注射をマメに打っています。









銀座でランチなら、江戸前寿司の鰤門-しもん





銀座でランチなら、江戸前寿司の鰤門-しもん 


が、おすすめですね。



銀座のお寿司屋さんは、どうしても


敷居が高く感じますが、まずはランチで試してみて


夜に備えます。


まずは、前菜の三品は軽く、その時期に


旬のものを、出していただけます。



その前に・・・・








食事が来る前に、板前さんに撮影の許可を・・・・


気持ちよく、了解してくれました。


朱色の漆塗りのカウンターが10m以上続いていて


圧巻ですね。


ヤル気を感じますね。


目の前のお品書きも、良く考えられていて


四面が季節によって変えるなんて、憎い演出ですね。













和のデザインでは久しぶりに

感動しました。

すでにお腹いっぱいという感じですね。








日本酒の徳利も変わっていますし


なにげに醤油さしが、いい形をしていますね。


僕は車なので残念ながら、日本酒はいただけませんでしたが


かなり飲みやすくて「夏子の酒」の


モデルだそうです。








僕は初めてなので、おまかせのランチを


いただきました。








銀座5丁目の天ぷらの名店 近藤と同じビルに


立地していて、非常に高級な店構えですが、


板さんは清潔で(全員坊主)、

非常に感じがいいのは嬉しかったです。



皆、若くて元気なお店でした。



 



親会社が、水産関係の商社とのこと


オーストラリア産の牡蠣も、鮮度抜群ですね。







お造りも控えめですが、

油がのっていますね。






ここからはおまかせの握り10貫です。


いきなり赤貝のひもを、キュウリで巻いて


サッパリした、味からスタートです。









隣りのお客さんが食べていたので


何かと思っていたら、なんとガリでした。


生姜をサイコロの3/4ぐらいに切って


非常に食べやすくて

感心しました。







いきなり天使の海老ですね。


勿論、美味しいですね。


酢飯の酢の加減と大きさが、ネタにちょうどいいですね。










〆鯖は江戸前寿司のチャンピオンですね。





大間のマグロのまずは赤身です。


本当に美味しいですね。







イカも美味しい。





どのネタも一仕事してあり

本当に美味しいですね。








大間のマグロの中トロです。

日本人は幸せですね。

こんなに美味しいマグロが食べられるなんて・・・・




今年もいろいろあったけど、生きてて良かったです。



そのぐらい美味しいですね。








キャビアですか?





イクラご飯まで出てきます。






卵は焼きたてで、少し甘めですが

このまま持って帰りたいぐらいの味です。







ごぼうもこうなると

芸術ですね。







穴子も江戸前の代表的なネタですが

しびれました。


塩もいけそうですが、この甘めのたれが


僕は気に入りました。







〆はシンプルにかんぴょう巻きですが


かんぴょうにかなりしっかり味がついていて


これは癖になりますね。











こんなに量の少ないお椀を食べたのは


初めてですが、一口飲むのもいいかもしれませんね。

本音はもっと飲みたいですが・・・・・









デザートはワラビモチですが


きな粉と黒蜜でもう幸せの絶頂ですね。


毎日、これが食べたいです。


銀座のお寿司なのに、肩肘はらずに非常に気楽に


但し、しっかりした仕事で感動しました。


まんなんかのお寿司をのせる飯台は

良く見ると、陶器で漆を塗って焼いたそうです。



すべてにおいて満点にちかいですね。


これで会計が一人前5000円は安いですね。



但し、お酒の値段は高めで、夜は10000円以上ですね。







お寿司で体力回復





実はゴルフツアーの二日目の夜に


福島から帰ってきてお寿司を食べに行きました。


大事な最終日を前に熱燗を


二人で軽く6合も飲んじゃいました。


佐平寿司の親方は貝ずくしのお刺身を造ってくれますが


僕は貝はあまり好きではありません。


僕が好きなのはサザエの壷焼きです。



アワビと酢だこは賛成ですが・・・・・











もう何十年も自宅で夕食を食べていません。

そんなことはありませんね。


たまには家で食事をしますが奥さんが


夕食を造るのが大変そうで・・・・・



ちなみに今日は奥さんと来ています。


今日も穴子とキュウリが良くあいますね。


卵焼きも少しだから美味しいですね。










この時期の枝豆は美味しいですね。


こくがあってついつい全部いただきます。



こういう感じのサプライズがいいですね。







筋子もつまみでいただきます。








本日のメインはこの海老ですね。


プリプリしていて最高に美味しかったですね。

車えび?


照りがいい感じで食べるのが惜しいぐらいですね。


本当に幸せです。













かなり酔っていますが珍しくピントがあっているのは


驚きですね。

中トロもいい感じですね。









さすがに雲丹を注文する頃には

かなり酔っていますね。


すでに軽めのハイボールに替えています。




 



なんでお寿司屋さんのお味噌汁は


こんなに美味しいのでしょうか?


油揚げがふんわりしていますね。


この味が自宅で味わえたらいいのにね。







意外な焼き物






今日はいつものおすし屋さん南越谷の京やに


お客さんと会社の女子と食事に来ました。



僕はお寿司屋さんの焼き物が好きなのでまずは焼き物から


と言っていたら空豆がないので枝豆を焼いてみました。



意外といけますね。


初めてですが茹でるよりもいいかも・・・・・








得意な貝やネギ間の焼き物を食べながら


今日のメインは車海老を焼いてもらいました。


多分?



三匹もいると豪華な感じがしますね。



 



いつもの中トロも今日も健在ですが


少し酔ってきたのかチャンと写真がとれません。









このお店の先代からの名物のひとつに

蛸があります。


柔らかくて茹でたてを塩で食べるのがいいですね。


いい感じのお刺身盛り合わせですが値段が心配ですね。












もちろん穴子は塩とたれでいただきました。



かなりいい気持ちになってきたので撮影が厳しいです。










三人で来ましたが、僕以外はアルコールを飲まないので


早めに握りを食べることにしました。



僕は家での楽しみにおみやにしてもらいました。



しかし



残念ながら自宅では家族に食べられてしまいました・・・・・










穴子・いくら・カツオ・中トロなど


どのネタも美味しそうですね。



僕も食べたかったです!!!





焼き物好き!!






今日も南越谷の京やさんで飲んでいます。

僕は独り飲みが基本でこのスタイルは20年以上


変わっていませんが、なかなか独りで飲めないのが現実ですね。



仕事の打ち合わせの後の飲み会やロータリーの


会合の後の宴会などが一年中あるので

好きなものを自由に食べたり飲んだりできる時間は


まったく気を使わないので楽しいですね。









貝をひもと一緒に焼いた串と

ネギ間の串焼は少し似ていますが味は全然違います。


アナゴもたれと塩で焼いてもらいました。


アブラの乗ったアナゴは一年中食べたいですがなかなか


品質が一定しないのが辛いところですね。












京あえ巻きというメニューですが居酒屋さんなどによくある


通称バクダンですが内容が豪華です。


雲丹やイクラやマグロが入っていて混ぜて


醤油を少し入れて食べますが、普通は納豆がつなぎですが


この場合は山芋のすったもので粘りを出しています。


海苔で巻いておつまみなり、巻物でもいけますね。


沢庵のパリパリ感がいいですね。









雲丹だけの茶碗蒸しは贅沢ですね。


でも茶碗蒸しは基本の食材が入ってないのは寂しいですが


雲丹にはまいりますね。






 

CALENDAR
SMTWTFS
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>
PROFILE
ENTRY(latest 5)
ARCHIVES
CATEGORY
COMMENT
TRACKBACK
LINK
東邦建物株式会社
コンタクト買うなら
海外セレブ愛用ブランド通販
モテる男のシャンプー
特選松阪牛専門店やまと
MOBILE
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM

(C) 2020 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.